香川県三豊市高瀬町、愛犬・愛猫の飼い主様の一番近くにある動物病院です。
たかせ動物病院お気軽にお問い合わせください
 
 
 
 
狂犬病ワクチン

狂犬病は狂犬病ウイルスによって引き起こされるウイルス性疾患です。発症した場合には、有効な治療法がなく、神経症状・呼吸障害により極めて希な例外を除いて死に至ります。
狂犬病は一部地域を除き世界中で発生しており、毎年50,000人以上の方が亡くなっています。特に発生の多い地域はアジアや南米、アフリカです。米国や、隣国の韓国、中国、ロシアでも発生があります。狂犬病の発生していない主な地域は、日本、英国などの陸続きでない国です。

狂犬病の発生状況(外部サイトに移動します)

日本における発生状況

日本は、狂犬病予防法(1950年施行)による犬へのワクチン接種の義務化と野犬の捕獲により、狂犬病の駆逐に成功しました。1957年以降、ヒトならびにイヌとも国内での感染による狂犬病は発生していません。ただし、海外で犬に咬まれ、帰国後に狂犬病を発症した例として、1970年に1例(ネパール)、2006年に2例(フィリピン)が報告されています。

1953年1954年
1955年
1956年
1970年
2006年
死亡者数
3人
1人
0人
1人
1人(※1)
2人(※2)
犬の発生数
176頭
98頭
23頭6頭
発生なし
発生なし
※1 ネパールを旅行中、犬に噛まれて帰国後発病、死亡した輸入症例。
※2 フィリピンを旅行中、犬に噛まれて帰国後発病、死亡した輸入症例。

出典:厚生労働省 HP

万が一、狂犬病が国内で発生した場合、発生の拡大とまん延を防ぐためにも狂犬病予防接種を確実にしておくことが重要となります。
 
混合ワクチン

なぜワクチンが必要なのか

子犬・子猫は生まれてからしばらくは、母親から譲り受けた免疫で感染症に対する抵抗力を持っています。しかしその母子免疫は徐々に低下していき、免疫系が十分に発達していない子犬・子猫は無防備な状態になります。
ワクチン接種をすることにより免疫力を高め、病原体を感染させない、感染したとしても重症化させないようにします。


生まれた年のワクチンプログラム

  
◇6週齢以上9週齢未満で1回目のワクチンを接種した子犬
→ 3週間間隔で3回
  ◇8週齢以上の子猫
→ 3〜4週間間隔で2回のワクチン接種を推奨しています。
◇9週齢以上12週齢未満で1回目のワクチンを接種した子犬
→ 3週間間隔で2回
  
  の接種を推奨しています。  

☆ 初年度の2回目もしくは3回目のワクチン接種から1年後に追加接種を受けましょう ☆

混合ワクチンの種類

 
   

2種
5種
6種8種
 犬パルボウイルス感染症
マルマルマルマル
 犬ジステンパーウイルス感染症
マルマルマルマル
 犬アデノウイルス2型感染症

マルマルマル
 犬伝染性肝炎

マルマルマル
 犬パラインフルエンザウイルス感染症

マルマルマル
 犬コロナウイルス感染症


マルマル
 犬レプトスピラ感染症
    カニコーラ型



マル
 犬レプトスピラ感染症
 イクテオヘモラジー型



マル

  

3種
5種
 猫ウイルス性鼻気管炎
マルマル
 猫カリシウイルス感染症
マルマル
 猫汎白血球減少症
マルマル
 猫白血病ウイルス感染症

マル
 猫クラミジア感染症

マル

 
フィラリア予防

フィラリア(犬糸状虫)症は、蚊が媒介する寄生虫のことで、心臓の肺動脈や右心室に寄生し、心不全症状、呼吸器症状を引き起こす病気です。急性の場合(大静脈症候群)は、虚脱、沈鬱、呼吸困難、ヘモグロビン血症・尿症(尿が赤〜茶色)を示し、無治療であれば数日で死亡します。


 フィラリアの検査時に採血した血液で健康診断を受けましょう。病気の早期発見・治療に役立ちます。

フィラリアはどうやってかかるのか?

フィラリア感染犬の血液中にはミクロフィラリアという子虫がいます。
蚊が吸血した際に、ミクロフィラリアが蚊の体内に移行します。
蚊の体内に移行したミクロフィラリアは感染幼虫へと成長していきます。
蚊が吸血したときに、感染幼虫が犬の体内に入っていきます。
感染幼虫は皮下や筋肉の中で成長し、3ヶ月ほどで肺動脈・心臓にたどり着きます。

フィラリアに感染しないために

感染幼虫が皮下や筋肉にいる間に駆虫し、肺動脈や心臓にたどつかせない!
感染を予防するのではなく、定期的な駆虫により感染を成立させない
 

フィラリア予防薬を投与する前には必ず血液検査を

感染していた場合、予防薬(駆虫薬)によりショックを起こすことがあります。


★基本的なフィラリア予防は、月1回の駆虫薬の内服です。 香川県の場合、5月から12月の8ヶ月間になります。
  http://filaria.jp/html/hdu/index.html
  ※DSファーマアニマルヘルス 疾病解説シリーズ 犬フィラリア症(外部サイトに移動します)

 
ノミ・マダニ予防

ほぼ一年間予防薬の処方が必要です

気温が上がってくると、ノミ・マダニといった寄生虫の活動が活発になってきます。温暖化によりノミやマダニを予防しなければならない期間はますます長くなってきています。 ノミ・マダニはワンちゃん、ネコちゃんだけでなく、人にも害のある生き物です。次のようなことが一つでもあったら要注意!早めにご来院ください。
ノミやマダニを軽く見ちゃダメ!
こんな事があったら動物病院に!
◆ 体を掻きむしったり、かんだりしている
◆ 季節の変わり目でないのに毛が抜ける
◆ 首やお腹に黒い小さな粒がついている
◆ 皮膚に湿疹ができている
◆ 最近、ほくろができた

ノミ、マダニの予防・駆虫には、皮膚につけるスポットタイプ、おやつのように食べるチュアブルタイプ等があります。
犬や猫といった動物種、その子の症状にあったタイプをおすすめします。

ノミがもたらす被害

 ノミアレルギーによる皮膚炎
血を吸ったときの唾液成分が体内に入ることでアレルギー反応がおこり、皮膚のかゆみ、湿疹がみられたりひどくなると脱毛が起きます。
 サナダムシ(瓜実条虫)の寄生
条虫の卵をもったノミをグルーミング等で口から入り、小腸でサナダムシに成長し、下痢や嘔吐を引き起こします。
 猫ひっかき病
猫に症状はでませんが、感染した猫にひっかかれた人はリンパ腺が腫れ発熱や嘔吐を引き起こします。

マダニがもたらす被害

 犬のバベシア症
バベシア原虫が赤血球に寄生し破壊することで、貧血、発熱、食欲不振、黄疸がみられ、死にいたる恐ろしい病気です。
 猫ヘモバルトネラ症
猫の赤血球表面にマイコプラズマ原虫が寄生し、貧血、発熱、元気消失がみられます。
 ライム病
マダニから人にも感染、犬では神経症状、発熱、食欲不振。人は皮膚症状や関節炎がみられます。

参考:平成27年4月と9月に香川県内に住む男性がマダニが媒介する「日本紅斑熱」に感染し、死亡する事故が2例発生しました。
※日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)
は、ダニ媒介性疾患の一つであり、この菌(リケッチア・ジャポニカ)を持ったマダニに刺されることによって感染します。川沿いや野山を散歩するときは十分注意しましょう。
平成27年6月香川県で初めて重症熱性血小板減少症が確認されました。

 


ただいま準備中です。


 
マイクロチップ

マイクロチップは、世界でひとつのID番号が記録された、長さ13mm・直径2mmのチップを首の後ろの皮膚の下に埋め込むことで、もしペットが迷子になったり盗難にあっても身元が確認できるというものです。
香川県下の保健所はマイクロチップリーダー(読取器)が完備されているため、保健所に保護されたら飼い主さまに連絡が入ります。
東日本大震災では多くの動物が保護されました。マイクロチップが埋め込まれたペットの情報が飼主さまに届くのはもちろんですが、避難シェルターへ優先的に入れたようです。


埋め込み・登録の流れ

◇診察迷子になっても安心です
身体一般検査を行います。
◇マイクロチップの埋め込み
専用の注射器を使って首の後ろの皮膚の下に埋め込み、埋め込んだマイクロチップの読み取り確認をして終了です。注射と同じ程度の刺激だと言われています。
◇データバンク(日本獣医師会)への登録
飼主さまはマイクロチップ・動物ID登録申込書に記入して、郵便局で登録料(1,000円)を振込み、登録申込書を日本獣医師会に郵送します。
◇登録完了
約3週間後、飼主さまのもとへ「登録完了通知書」のハガキが郵送されます。
登録した情報は概ね20年間保存されます。

費 用

◇診察、埋め込み処置料 4,000円(税別)
◇データバンク登録料 1,000円(税込)